うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

ご飯が美味しい

先日、某チェーン展開している食堂で、「ロースカツ定食」を食べた。
何度も食べたことがある物なのだが、その時は、
ご飯を一口、口に入れたとたん、
「何?いつもより、ご飯がおいしい!!」
…と感じた。

なんていうか…、
いつもより、ベチャっとした感じや、モソモソした感じがなく、
かと言って、乾いた感じがしていたわけでもない。
シャキッとしていた感じで、ノドも通りやすかった。

あまりに、いつもより美味しかったので、
お会計の時に、
「今日のご飯、炊きたてだったんですか?いつもより、美味しかったので…。」
…と、褒めているのか、けなしているのかわからない質問をしてしまった(^^;;
店員さんは、戸惑ってしまったみたいだったけど…(^^;
ひとまず、「ありがとうございす」と言われた(^^;;

で、今日。
また、「ロースカツ定食」を食べてみた。
「今日はどうだろう…?」と、ご飯を口に入れてみたところ………、
あぁ、残念。今日は、
「こういうお店は、こういう店なりの味」
に戻っていた(T_T)

で、食べている途中、たまたま、厨房が見えて、
店員さんが、5kg(10kg?)の米袋から、お米を、
「業務用炊飯器」ではなく、何やら「炊飯マシーン」のような物に
投入しているのが見えた。

そっかぁ…。
ご飯の味は、あの「炊飯マシーン」のご機嫌次第なんだぁ…。。。

あまり高くないお米でも、高い炊飯器を使うと、美味しいご飯になるという。
「炊飯マシーン」、もっとチューンアップしてくれないかな~?
by tappy_1 | 2013-05-20 22:45 | 日常