うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

キズは、「消毒しない」「乾かさない」

キズ治療の新常識は「消毒しない」「乾かさない」

キズを負ったら、消毒して、ガーゼで保護する…とう「常識」が
変わりつつあるらしい。

キズが治るためには、
傷口からしみ出て来る「滲出液」が必要。
ガーゼを当てていると、せっかくの滲出液が吸収されてしまう
また、多くの人に経験アリだと思うが、
ガーゼ交換の際、せっかく再生してきた皮膚の一部が、
ガーゼにくっついて、「ベリッ!」と剥がれてしまう。。。

そこで登場したのが、「ハイドロコロイド素材」の保護材。
キズを覆って、乾燥を防いでくれるらしい。
昨年には、一般向け絆創膏に応用した商品も出ているそうだ。

乾かさない…か。
そう言えば…「点状表層角膜症」の治療にも、
ヒアルロン酸製剤を使うしな~。
by tappy_1 | 2005-05-19 12:49 | 日常