うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

アナウンサーになりたかった。

b0000555_2445364.jpg

数日前、「東京アナ○ンスア○デミー」(伏せ字にしながら、リンク(^^;;)から
ダイレクトメールが届いた。

僕は昔、アナウンサーになりたかった
大学受験の時、国立は当然医学部を受験したが、
私立はぜ~んぶ、文系学部を受験した。
医者かマスコミ…大学受験の時にまでなって、将来を絞りきれずにいた。

で、結局、国立の医学部に合格したものだから、
現在、医者をやっている。

僕は結構、方言が強い地方の出身。
家族は思いっきり、方言を使っていた。
だけど、僕は、小学生の頃「放送委員会」に所属していたし、
当時から、不完全ながら、なるべく「標準語」を使うように努めていた。
高校生になって、少ないお小遣いの中から、
NHK出版の「日本語発音・アクセント辞典」を買って、
標準語アクセントを身につけた

そして、今。
TAAに資料請求し、引っ越ししても新住所を伝え
DMを送り続けてもらっている。

「半フリー」医者の今…、
その気になれば、アナウンスの勉強に通うこともできる。
だけど…仕事以外では、コンビニへの外出すらままならない鬱々状態では、
とても、通学なんてできるわけもない…(T_T)

そう。。。今でも、アナウンサーへの思いは、諦めきれていない。
ラジオの5分間ニュースや、CMナレーション程度でもいい。
アナウンスの仕事をしてみたい。。。
by tappy_1 | 2005-06-03 23:30 | 日常