うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

グリーン車と、幼児の「しつけ」

わざわざ、千葉市内にある、社会保険事務局へ行かなければいけない用事があった。

ウチ(横浜市)からは、さすがに遠く、また、暑いのでいっそう疲れてしまうので、
奮発して、グリーン車(横浜から、総武快速線直通の横須賀線)で
行くことにした。

朝、遅い時間帯のグリーン車は、かなりすいていた
着席して、頭上の空調吹き出し口を、顔に向けて、
静かな車内で、目を閉じて、MP3プレイヤーで音楽を聴いていた。

しかし…静かで快適なグリーン車内の環境は…品川で一変した
大勢の幼児を連れたオバサンたちが、グリーン車に乗ってきた。
コドモなので、騒ぎまくり、走り回る…。。。
「幼稚園バス」よりも、ひどい状態になってしまった(-"-)

でも僕は、コドモはキライではない。
いや…むしろ…大好き!
コドモと一緒になって遊ぶことだって、
「子守り」ではなく「一緒に楽しむ」ととらえることができる。

だから…、
コドモが乗り物に乗ったら、興奮して、はしゃいでしまうのも、よ~く分かる。
コドモに罪はない。

しかし…だ。
パブリックな場…それも、グリーン車内という空間の中で、
騒ぎまくるコドモたちを、制止もせずに放置しているオトナは…、
大嫌い…だ(-"-)

暴れるコドモを、ちゃんと叱らないっていうのは、
決して「優しい」わけではない。
叱るべき場面で、きちんと叱らないということは、
その子の「しつけ」・「教育」に関して、「手抜き」していると思われる。
一見優しくしているようでいて、
結局は、コドモのためには、なっていないと思う(-_-;;

未婚で、コドモもいないくせに、偉そうなこと言うなよ…と思われるかもしれないけど…。
by tappy_1 | 2005-08-10 22:30 | 日常