うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

[同居人]、喋れなくなった~(>_<)

昨日のお昼過ぎ、[同居人]から僕のPHSに電話がかかってきた。
だけど…出たら、無音…(?_?)

電話を切ったら、メールが届いた。
「急に、喋れなくなった。」

なんでも、近所のK氏と電話している最中に、
急に、声が出なくなった…とのこと。。。

[同居人]、つい先日、高い熱を出したので、
風邪がノドにきたのかと思い、
ひとまず、K氏に付き添ってもらい、
近所の耳鼻科を受診してもらうことにした。

診察の結果…。
どうも、耳鼻科領域ではなく、
メンタル的な要因からきているものらしい…とのこと。
かかりつけの精神科クリニック受診を勧められたとか…。

精神的と言っても…、
ごく普通に、友達と電話していただけだろ???(?_?)
どんな精神的負荷がかかったというのだろう…?

そして、今日。
一晩寝たが、やっぱり、言葉は回復していなかった。
というわけで、[同居人]との会話は、
メールか筆談になってしまっている(>_<)

いったい、何が起きたというんだぁぁぁぁぁ?(T_T)

失語症で思い出したこと。。。

昔、某県立病院で、全科当直をしていた時。
早朝に、
「言われることは理解できるけど、
 自分からは、意味不明な言葉しか、発することができなくなった」
…という方が見えたことがある。

幸いなことに、ご近所に、ウチのナースが住んでいて、
発症直後からの経過は、詳細に分かった。
ほぼ純粋な「運動性失語」の状態だ…。

すぐに、その夜の「自宅待機当番」の内科の先生をコール。
到着までの間、神経学的所見をとりつつ、話を続けていると、
少しずつ、意思の疎通ができるようになってきた。
そっか…。
脳梗塞じゃなく、「一過性脳虚血発作(TIA)」みたいだ。
(リンク先、クッションページを介して「メルクマニュアル家庭版」です。
一応、飛び先ドメインが"banyu.co.jp" であることを、ご確認ください。)
患者様的には…ひとまずは、脳梗塞じゃなくて、よかった…。

本当に…話せなくなるって…怖い。。。。
by tappy_1 | 2005-12-28 23:30 | 日常