うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

遠近両用コンタクト

あまり知られていないことだけど、
コンタクトレンズにも、「遠近両用」がある。

遠近コンタクトは、遠近メガネとは違い、
「頭のほうで切り替える」タイプが主流。
レンズに、複数の焦点があり、
目にとっては、二重映りになっているはずなのだけど、
実際に着けると、脳は、
今、見ていないほうの像を、無視するように見ているらしい。
よく言われる例えでは、見ていないほうの景色は、
「すりガラスの向こうに行ってしまう」
感覚だとか。

先日、コンタクト初挑戦だった、初老の方の再診。
「遠近メガネと遠近コンタクト、どちらの見え方のほうがラクですか?」
と尋ねたところ、
「これならやっぱり、コンタクトのほうが、ずっとラクです。」
…と。

原理上、視力矯正は、完璧にはいかないけれど、
「合う」方には、それなりに合って、快適…という処方感覚。

問題は…まだまだ高価なことだよなー…(>_<)
自分が、老眼世代に入る頃には、
もっと値下がりしていてくれるかな~?
今のところ…僕は、同世代の人よりも、手元の見え方は、良好なようだ。。。
by tappy_1 | 2006-02-02 16:00 | 仕事