うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

OS/2の終焉

日本IBM、OS/2のすべての活動を終了(PC Watch)

ひっそりと、OS/2 が「公式に」終焉を迎えたことが報道されたのを見つけた。
そう、開発元の IBM が、「OS/2のすべての活動を終了」したのだ。

確か…OS/2って…一時期、山口智子を使って、大きく宣伝してなかったっけ?
テレビや地下鉄ホームでの広告を、なんとなく覚えている。
(一応、Wikipedia のページ)

ちゃんと宣伝したにもかかわらず、
Windows 95、さらに続くWindows 98ブーム、
そして、インターネットの爆発的普及…と、ほんのちょっと時代が動いただけで、
OS/2 は既に、「事実上」消えたOSになってしまっていた。
そして、昨年年末で、日本IBMが、「全ての活動を終了」してしまった。。。

以前にも書いたような気がするけど、
僕が研修医だったころ、病棟のカンファレンスルームに、ひっそり置かれていたマシンは、
OS/2 で動いていた。
そのマシンは、インターネットにも繋がっていて、ブラウザも使えた。
常時接続など「夢」だった時代。
お昼休みなどに、あちこちのサイトを見て回っていた記憶がある。

しかし。
そのマシン以外には、OS/2 で動いているマシンなど、見たこともない(-_-;;
MS の一人勝ち時代には、もう、(Mac OS,Linux等を除き)他のOSなど、
市場では、入り込む隙もなくなってしまった。

そんなわけで、研修医の頃の思い出とリンクしているOS/2の終わりは、
なんとなく悲しい(T_T)

もっとも…ある程度ちゃんと普及していたとしても、
自分は、当時、OS/2マシンを買っただろうか…?と言えば、
やっぱり、MS Windows を選択していただろうな~。

しかし、対するMSだって、もうWin Me 以前のWindowsのサポートを
終えてしまっている。
Win 98なんかは、よくできたOSだったと思うけどな~。
(少なくとも、"Me"よりは、格段に(-"-))

というわけで…、
もし、今もOS/2を使っている方がいらっしゃいましたら、
コメントお願いしま~す(^^)
by tappy_1 | 2007-01-12 16:53 | コンピュータ