うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

カテゴリ:日常( 173 )

久しぶりに、ステロイド

大学病院の呼吸器内科の受診日だった。
だけど…寝坊して、受付時間に間に合わなくなりそうだったので、
もったいなかったけど、タクシーで病院まで行った(>_<)

到着して、しばらく待って、診察室へ。
聴診されて…やっぱり、軽くwheezingがあると言われた。
次に、パルスオキシメーターで、サチュレーション測定。
あれ…え!?
「普通、平然と歩いては来ないだろ?!」
ってレベルまで、値が落ちていた!

なんでだろ。。。
考えられるのは、少し前から、風邪を引いていること。
風邪ひいちゃっていて、徐々に徐々にサチュレーションが低下してきていたため、
苦しさに気づいていなかった…のかな???(?_?)
しかも、今日は、タクシーで病院まで来ていたし。

いずれにせよ、普通の値じゃなかったので、
「苦しくなってきたら、飲み始めてください」
と、プレドニゾロンが処方された(-_-;;
全身ステロイドは、久しぶりだ~。。。
by tappy_1 | 2013-07-24 22:50 | 日常

意味不明~(>_<)

b0000555_15565841.jpg

セブンイレブンへ行ったら、店頭の掲示物を見て、驚いてしまった。
「夏の恵方巻まつり」。。。
一瞬、目の錯覚かと思ってしまった(-_-;;

確かに、節分は、「冬から春」以外に、各季節に設定されている。
今年は、8月6日が、「夏から秋」らしい。

だからと言って…「夏の恵方巻き」は、ないだろう~~~(>_<)
なんでもお祭りにすればいいってもんじゃない~~~(>_<)

僕、冬から春の、一般的な節分の恵方巻きは、
別冊少女コミックの、新井理恵の「×(ペケ)」で、高校生の頃(だっけ?)
初めて知った。
それ以降、恵方巻きは、ちゃんと食べるようにはしている。
迷信なんだろうけどね。

と、そもそもが迷信っぽいモノを、さらに夏にやってしまって、
御利益があるのだろうか…?
謎だ………。。。
by tappy_1 | 2013-07-08 14:45 | 日常
b0000555_13473328.jpg

朝から、「やたら、お天気いいな~」と思っていた。
出勤してから、ケータイに、号外ニュースが入ってきた。
「関東甲信地方が、梅雨明けしたとみられる」…と。
なんか…あっけなく、梅雨明けしてしまった。ずいぶん早い。
結局、なんだかんだで、「空梅雨」だったなー…という印象。

うーん。
夏至から、そんなに日が経っていない真夏の日差しは、
突き刺さるようにキツイ。
こんなに早く梅雨明けするとは、みんな、思っていなかっただろう。

明日は七夕。
例年なら、梅雨まっただ中で、彦星様と織り姫様は、逢えないのが常識だが、
今年は、きっと、逢えるだろう(^^)
by tappy_1 | 2013-07-06 14:46 | 日常
b0000555_17322436.jpg


コンビニで、「シーチキンマヨネーズ」のおにぎりを買って、ふと思い出した。
円安のせいで、はごろもの「シーチキン」って、
値上がりしたんじゃなかったっけ?
このおにぎりは、105円のままだけど…。

きっと、企業努力をしているんだろうなー。
もちろん、おにぎり全体に占めるシーチキンの割合は、
少ないからかもしれない。
それでも、値上げしないという姿勢は、
消費者にとって、ありがたいことだ。

なんたって…。。。
お給料は上がらないのに、
円安のせいで、いろんなモノが、値上げされてきているから(-"-#
by tappy_1 | 2013-06-20 20:29 | 日常
大学病院の、呼吸器外来の受診日だった。
小児喘息を、大人に持ち越してしまって、
しかも、その程度が、それなりにひどくて、大学病院で管理してもらっている。

そんな今日、ちょっと鬱々で、昔の記憶が蘇ってきていて、
子ども時代の、苦しかったことを思い出してしまった。

小学生の頃。
しばしば、学校でも、「大発作」を起こしていた。
ほんの10mくらい歩くだけのことでも困難なくらいの、
呼吸の苦しさに見舞われていた。

当時は、携帯用の吸入薬なんか、なかった。
だから、ひどい発作が起きたら、もう、早退するしか手がなかった。

しかし。
家から学校までは、元気なときに歩いても、30分くらいの距離があった。
その道を、上記のような呼吸困難の状態で、
一人で歩いて帰らなければいけなかったわけだ。
もう、地獄のような苦しみだった。
思い出すだけで、涙が出そうになる。

今になって、冷静に考えてみれば、
そんなときは、タクシーを使えば済む話だ。至って簡単だ。
だけど、当時は、そんなこと、考えもしなかった。
家族も、考えなかった。
今から思い返してみると…昔は、ウチって、貧乏だったんだな………。。。
もちろん、僕の地元では、
首都圏みたいに、気軽にタクシーを使う習慣なんてないのは事実だ。
タクシーは、結構、「特別な」乗り物だ。
とは言っても…、、、
喘息発作で、ほとんどまともに歩けない小学生を、
ひとりぼっちで、長い道のりを、家まで歩かせるなんて、
………学校の先生も、タクシーのこと、思いつかなかったのかな…???

田舎の、昭和時代の思い出…だなー。。。
by tappy_1 | 2013-06-12 22:30 | 日常

おだいじに

バイト先に向かう途中、頭痛がしてきた。
カバンの中を探したが、普段と違うカバンで出てきたので、
いつも持ち歩いているロキソニンを、持ってきていなかった(>_<)

職場最寄り駅に、10時ちょっと前に着いた。
駅前の交番で、近所のドラッグストアの場所を聞いて、
シャッターが閉まっている時から、開店待機。
シャッターが開いたと同時に店内に入り、
店の奥の方の、医薬品コーナーへ。
ひとまず、早く効きそうなモノを選んで、すぐ脇のレジへ。
レジは、「薬剤師」のネームプレートを着けたおばさんだった。
で、お会計のあと、言われた言葉………。
「おだいじに」
………。
あ…。。。
確かに、開店前から並んでいたヤツが、鎮痛薬を買っていったわけだから、
「おだいじに」が、正しい見送りの挨拶なんだろうけど、
ドラッグストアで、
「ありがとうございました」じゃなく「おだいじに」って言われるのって、
なんだか、新鮮!
当たり前のことなんだけど、ちょっと感動しちゃった(^^;
by tappy_1 | 2013-05-22 22:15 | 日常

ご飯が美味しい

先日、某チェーン展開している食堂で、「ロースカツ定食」を食べた。
何度も食べたことがある物なのだが、その時は、
ご飯を一口、口に入れたとたん、
「何?いつもより、ご飯がおいしい!!」
…と感じた。

なんていうか…、
いつもより、ベチャっとした感じや、モソモソした感じがなく、
かと言って、乾いた感じがしていたわけでもない。
シャキッとしていた感じで、ノドも通りやすかった。

あまりに、いつもより美味しかったので、
お会計の時に、
「今日のご飯、炊きたてだったんですか?いつもより、美味しかったので…。」
…と、褒めているのか、けなしているのかわからない質問をしてしまった(^^;;
店員さんは、戸惑ってしまったみたいだったけど…(^^;
ひとまず、「ありがとうございす」と言われた(^^;;

で、今日。
また、「ロースカツ定食」を食べてみた。
「今日はどうだろう…?」と、ご飯を口に入れてみたところ………、
あぁ、残念。今日は、
「こういうお店は、こういう店なりの味」
に戻っていた(T_T)

で、食べている途中、たまたま、厨房が見えて、
店員さんが、5kg(10kg?)の米袋から、お米を、
「業務用炊飯器」ではなく、何やら「炊飯マシーン」のような物に
投入しているのが見えた。

そっかぁ…。
ご飯の味は、あの「炊飯マシーン」のご機嫌次第なんだぁ…。。。

あまり高くないお米でも、高い炊飯器を使うと、美味しいご飯になるという。
「炊飯マシーン」、もっとチューンアップしてくれないかな~?
by tappy_1 | 2013-05-20 22:45 | 日常

車いすと社会

調子に乗るなよ、乙武とその取り巻きどもよ - 今日も得る物なし
(元記事にリンク張りたくないので、楽天ソーシャルニュースにリンクします)

昨日から、炎上しているらしい。
乙武洋匡氏が、銀座のイタリアンに、事前に予約を入れて、
いざ行ってみたところ、
車いすには対応していないとのことで、入店を断られ、
怒った乙武氏が、店名を名指しで、ツイッターに流してしまった…とのこと。。。

僕、いったい、どう炎上しているかまでは、
読むと、きっと嫌な気分になるだろうから、読んでいないのだが、
だいたい、想像はつく。
障害者問題って、実にデリケートで、
どう議論したところで、「答」なんて、出てくるものではないのに。。。

じゃ、なぜ、わざわざblogに書く気になったかというと…、
僕も、以前、似たようなことにあったことがあるからだ。
そのときは、逆に、店側が「神対応」してくれたおかげで、入店できた。

もう、何年も前のことになるが、
3~4人の仲間で、中に一人、車いすの男がいた。
で、食事することになったのだが、その車いすの男が、
ビルの3階にある「牛角」にしたい!と言い出した。
ということで、大丈夫かどうか、お店に聞きに行った。
すると…ビルには、エレベーターがない…とのこと。。。

それを、車いすの男に伝えたが、
「いやだ!今日は絶対に、牛角で食べたい!」
と言い出した。
みんなで、せめてエレベーターがある所で食べようと
なだめすかしたのだけれど…折れてくれない…。

そこで、お店に、「申し訳ありませんが…」と申し入れたら、
「大丈夫ですよ!」
と、スタッフを4人ほど出してくれて、車いすごと、
彼を3階まで連れて行くのを、手伝ってくれた。
もう、申し訳なくて、しょうがなかった。
まさに、神対応!
牛角さん、その節は、本当にありがとうございました!

障害者の人(最近は、「障がい者」と書くほうが望ましいらしい)は、
健常者が気がつかないような所で、様々な不便を強いられている。
また、健常者であっても、年を重ねるうちに、
様々な不便を感じるようになるだろう。
「特別扱い」とか、そんなんじゃなく、
「不便」な部分を、誰でも気軽にお手伝いできるような社会に
なってくれると、いいと思うんだけどな-。

今回は、乙武氏が、「店名」まで出してしまったことで、
「炎上」にまで発展してしまったけど、
健常者と障害者の距離が、もっと近くなってくれると、
もっと生きやすい世の中になるんじゃないか…と、思っている。
by tappy_1 | 2013-05-20 14:50 | 日常

一周忌

ペットの、シマリスの「ぽん」ちゃんの一周忌だった。
お墓のプランターに、お線香を立てた。
振り返ってみると、この1年、意外に長かった。

いつか、「あの世」へ行ったら…また、一緒に遊んでくれるかな?
by tappy_1 | 2013-04-23 23:12 | 日常

しゃぶしゃぶ食べ放題

ゆうべ、仕事のあと、少し離れた駅で[同居人]と待ち合わせて、
駅ビルに入っている店で、しゃぶしゃぶ食べ放題を夕食にした。
時々行く、リーズナブルなお店
久しぶりに、「限界!(>_<)」ってほどまで食べてしまい、
朝になっても、まだ、お腹が空いていなかった。。。

で、なんでもない平日に、しゃぶしゃぶ食べ放題なんかにした訳…。

その2日前の土曜日のお昼に、
[同居人]を家に留守にさせて、僕だけ、秋葉原へ、人に会いに行っていた。
で…。
ヨドバシAkibaのレストラン街で、しゃぶしゃぶ食べ放題ランチをしてきた。
でも…なぜか、その日は、異様に「猫舌」度が著しくて
あまり食べられなかった(T_T)

で、帰宅途中。それを電話で聞いた[同居人]。
「夕食も、しゃぶしゃぶ食べ放題にするのー!」
と迫ってきた(>_<)
な…なんで、1日2回も、しゃぶしゃぶ食べ放題にしなきゃいけないわけ?(T_T)
なんとか、なだめすかして、延期にした。
それで、気が納まってくれたかなー…と思っていたのだけれど…、
月曜になって、「絶対に、今夜はしゃぶしゃぶ!」
と、もう、1歩も譲らないという態度に出てきた(>_<)

というわけで、月曜日から、
しゃぶしゃぶ食べ放題なんかになったというわけ…。。。

ところで。
僕の実家のほうでは、しゃぶしゃぶと言えば、牛肉しか考えられない。
だけど、こっちのほうは、豚肉も、フツーに出してくる。
そういえば、カレーも、こっちは、ポークカレーが主流だと聞いた。
実家のほうでは、当然、ビーフカレー
食文化って、結構違うもんなんだなー。
by tappy_1 | 2013-04-09 14:20 | 日常