うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新しい手すりの使い方

b0000555_1631440.jpg

僕は膝が悪いので、駅で手すりに頼ることも多い。
だが、最近、うねうねとした、新しいタイプの手すりが、散見されるようになってきた。

まず、設置された日。
「使い方が分からんっ!」
と感じざるを得なかった。
うねうねしていて、どこに、どう力を入れたらいいのか、分からない。
特に、降りるとき。
手すりにつかまって、少し速めに歩くと、
ガタガタ手に当たって、余計に支えにならない上に、手が痛い。

ということで、ネットで検索してみた。
そしたら、「クネット」という名前の、波形てすりだということが分かった。

冒頭に悪口を書いておきながら…、
この会社のサイトに、誹謗・中傷にあたるリンクを張ってはいけないと書いてあったので…、
このblogは、単純に、僕一個人が、手すりを使い慣れていないという
レポートである…ということにする。

上りに関しては、水平部にまっすぐ力を入れられるので、
確かに、従来の手すりより安全で便利だと思う。
でも、斜め部分は…、
従来手すりより、体を引きつけやすい…というのがウリだそうだが、
実際に上ってみると、何段向こうの斜め部分を握ったらいいのか、分からない。
もっとも、これは、
お年寄りが、1段1段、ゆ~っくりと上ることを想定しているならば、合格点かな?
だが…それだけ、上り階段が不自由なお年寄りは、
この斜め部分を、ちゃんと、自分の体をひきつけるように歩けるだろうか…?

そして、下り階段。
これも、水平部分は、あると、とても助かる。
しかし。
斜め部分は、「下り」でも、ちゃんと機能してくれているだろうか?
他の人たちと、あまり変わらない速さで降りようとすると、
手すりがゴツゴツしている分、「足かせ」となって、
僕は、初めの頃、数回、転倒しそうになってしまった(>_<)
ゆ~っくり下る時でも、
従来型手すりと比べて、今のところ、アドバンテージは感じていない。

要するに、鉄道会社や、「株式会社クネットイースト」さんたちが、
新しい手すりの「クネット」の良さを、一般向けにアピールしていないのが
問題だと思われる。
そうでなければ、せっかくの高機能の「クネット」が、
宝の持ち腐れになってしまうだけだ。
by tappy_1 | 2012-10-16 14:42 | 日常

アルコール禁忌

b0000555_133478.jpg
最近、また、虫歯になってしまった(T_T)
痛みに耐えきれなくなったので、一昨日、以前通っていた、近所のかかりつけ歯科に、予約外で行ってみたら、
先生のうちのひとりに、
「おかえりなさい」
…と言われてしまった。
いや…好きで帰ってきたわけじゃないのに~(>_<)

で。
一応、応急処置として、セメントで埋めてもらってきたのだけど、
やっぱり、痛い物は痛い(>_<)
しかたないので、マツキヨで、
歯に塗ったり、綿球で埋めたりするタイプの、
歯痛用の市販薬の、「新今治水」を買ってきた。

家で使用したぶんには、何も副作用は出なかった。

で、今朝。
出勤してから、虫歯の部分に、ちょっと多めに塗った。
う~ん…、、、かなりにおいが強い…(>_<)
このにおいをただよわせながら仕事をするのは、はばかられるので、
仕方なく、お茶を口に含んで、ぶくぶくゆすいで、それを飲み込んだ。

そして、しばらくしたら…。
なんだか熱っぽくなり、手が震えてきて、細かい動きができなくなってきた。
で…治まらないまま、診療時間に入ってしまい、
困ったことに、カルテが書きづらくなってしまった…(T_T)

えー!?。何かの副作用~?
とりあえず、普段のお薬は、普段通りに飲んだわけだから、除外して…と。
とすると、疑わしいのは、「今治水」となる。。。

成分表をよく見る。
ネットで、出そうな副作用も調べてみる。。。
んーーーと…どの成分のせいでもなさそう…(?_?)

と…ふと、片隅に発見!
「添加物として、エタノールを使用」
これだぁぁぁぁぁぁ(T_T)

僕は、アルコールに、めっぽう弱い。
ケーキに含まれるリキュールなんかで、喘息発作をおこすことがあるし、
採血される時に、アルコール綿で拭かれると、真っ赤になったりする(-_-;;
挙げ句の果てには、喘息の発作止め吸入の「メプチンエアー」に、添加物として、わずかに含まれるエタノールに対して苦しくなってしまうので、
あまり軽い発作の時に使うと、かえって苦しくなるなどという、バカバカしいことも起きてしまう(T_T)

手の運動の不自由さ、
なんとか落ち着くまで、3時間くらいかかった…(>_<)

歯医者さん…次の予約日、早く来て~~~~~(T_T)
by tappy_1 | 2012-10-11 22:45 | 仕事

コンタクトでの健康被害

コンタクト被害3年で69件 厚労省、不適正使用が主な原因
(共同通信、2012年9月26日)


こんな報道があった。
厚生労働省に、2009~2011年度に、医療機関などから寄せられた、
コンタクトレンズの不適切な利用による、目への健康被害が、
69件あった…ということだ。
そのうち、少なくとも20件は、おしゃれ用のカラコンが原因だとか。

てか………。
コンタクトトラブルなんて、日常茶飯事でしょ?
どんなに注意して使っていても、
たまには、点状表層角膜症や、アレルギー性結膜炎にはなるわけで、
受診が多少遅れた場合、角膜びらんや、運悪く、潰瘍に発展することだってあるし。
何を悠長なこと言っているわけ???(?_?)

そもそも、3年間で69件しか健康被害が発生しなかったというのを鵜呑みにすると、、
コンタクトレンズという物は、
相当に安全な「医療機器」だということになってしまう!

でも。
「○○・○○ー○」さんの、カラコンの販売のしかたには、どうも納得がいかないなー。
あと、「○○モ○○ヨ○」さんの一部の店舗で取り扱っている、
ワンデーの売り方についても、なんか、違和感を感じるなー。。。
by tappy_1 | 2012-10-01 14:35 | 仕事