うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ウーロン茶、品薄!?

ウチでは、いつも、冷蔵庫に、
ティーバッグを水出ししたウーロン茶を常備している。

だけど。

いつもは、イオン系列のスーパーの、PB(プライベートブランド)商品を買っていたのだが、
最近、そのスーパーに行ったら、PB商品はおろか、
有名メーカー品のウーロン茶も、置いてなかった。


ということで、駅前のスーパーで探してみた。
が…無い!
別の駅前のスーパーに行ってみたけど…無い!
イトーヨーカドーに行ってみたけど…無い!
ウーロン茶が、ことごとく、欠品していた(>_<)

ということで、最近になってようやく、西友で発見できた。
よかったよかった…ほっ。

という話を、なじみのお肉屋さんのおばさんに話したら、
「ドラッグストアに行ったら、売ってるよ」
とアドバイスされた。
なるほど~…と、ドラッグストアに行ってみたら、あったー(^^)

それにしても。
ウーロン茶のティーバッグなんて、特に季節物じゃないでしょ?
なんで、大手スーパーで、これだけ欠品していたわけ?
不思議。。。
もしかして………、
これも、ひそかに、日中問題の悪化で、貿易に支障が出てしまった?
経済問題に疎いから、よく分からないけど…。
by tappy_1 | 2013-03-31 14:35 | 日常

純と愛

今日、NHKの朝ドラ「純と愛」が、最終回を迎えた。
…が…ハッピーエンドにならなかった!!!

結局…愛くんの意識は、戻らないまま、終わってしまった。。。
お母さんも、認知症が、かなり進行してしまった。
何を持って、ドラマの終わりとなったかと言うと、
純ちゃんが、失意の底から這い上がって、再び強い意志を取り戻し、
「まほうのくに」を作る決意をして、ホテルをオープンすることにした
…という、ひとつの「節目」で、ドラマが終わったことになったわけだ。

それにしても。
愛くんの意識が戻らないまま終わるのは、意外だったな-。
こんな終わり方って、アリ?
NHKに、苦情、殺到しない?

確かに、脳腫瘍って、
「病理組織的に、もし良性であっても、その場所柄、致死的」
という病気ではある。
だから、手術に踏み切ったわけだけど…。。。
そして、確かに、術後に意識が戻らないかもしれないということに、
本人にも、家族にも、事前に「同意」を取っていた。
だけど、そんな「同意」って、法的に「有効」????
だって、ご両親って、弁護士って設定でしょ???
そもそも、そんな危ない部位にまで、メスを入れたわけ???
疑問が残りすぎ。。。

まあ、終わってしまったものは、しかたがない。
本当は、純ちゃんと愛くんの2人で、幸せに、ホテル経営をしていってほしかったけど。

さて。
この「純と愛」で、僕が、「光っている!」と思ったのは、
愛くんのお母さん・待田多恵子役の、若村麻由美さんだった。
ご自身が、朝ドラ「はっさい先生」のヒロインでデビューしてから25年。
全然違うキャラで、朝ドラに帰ってきた。
初対面の純ちゃんを「ゴキブリ」扱いするなど、
最初の頃は、とにかく、ことごとく「敵キャラ」だった。

それが、いつの間にか、
大阪の、大衆食堂にしか見えないホテル「さとや」の常連になって、
「ここに来ると、な~んかホッとするのよねー」
などと言い出すようになった頃から、様子が変わってきて、
だんだん、ココロの内面を見せるようになってきた。
そして、宮古島で、「待田家」の家族写真を、純ちゃんが撮ろうとした時、
「あなたも入りなさいよ。あなたも、私たちの『家族』になったんだから。
 『待田純』さん。」
とまで言えるようになった。
オフィシャルブログ(さよなら待田多恵子)に書いてあるように、
「心の甲冑武装を少しずつ少しずつ脱ぎ捨てる」
様子を演じる力が、若村麻由美さんは、輝いていたと思う。

最終回は、なんだか満足できなかったけど…、
全体を通して考えると…すっかりハマってしまったドラマだったな~。
by tappy_1 | 2013-03-30 14:45 | テレビ

18歳未満と新型抗うつ薬

新型抗うつ薬、効果なし?18歳未満「慎重に」
読売新聞(2013年3月30日08時59分)

厚労省が、1999年以降に承認された、SSRI等の新型抗うつ薬について、
18歳未満への使用に対して、慎重にするようにとの指示を添付文書に記載するよう、
日本製薬団体連合会に指示したそうだ。

なんでも、海外での研究データで、
18歳未満での効果は、プラセボ(偽薬)でも、本当の薬でも、
変わらず、6割程度の効果が出たとの結果を受けてのことらしい。

うーん。。。
じゃ、18歳未満で、抑うつ状態を呈してしまった場合は、
精神療法にしろっていうわけ?
それとも、副作用が強い、三環系なんかを、第一選択にしろというわけ?
(スルピリドを使うという手もあるけど)

確かに…18歳未満って、脳の機能も、可塑性が高そうな気がするから、
治療らしい治療をしなくても、抑うつ状態から脱出できちゃいそうな気がしないでもない。
だけど。。。
18歳未満でも、本当に、抑うつ状態で苦しんでいる子にとっては、
このニュース、いったい、どう映っているのだろうか…?
このニュースを読んだことで、
絶望感を覚えてなければいいのだけれど…。

======= 追記 =======

共同通信社の「元記事」を読んだところ、
厚労省は、添付文書の「警告」欄に掲載することを求めたらしい。
成長期の子どもでは、精神状態が不安定になり、
自殺の衝動が起きる場合があることから、
処方は慎重にするように…との目的らしい。

しかし。
既に服用していた人が、急に服用を止めると、急な症状の悪化が出る場合があるので、
関連学会は、医師に相談してほしいと呼びかけるそうだ。

ただ…どうなんだろうなー…?
ちゃんと効く人には、本当に、ちゃんと効くんだろうなー…。
そこらへんが、将来的に、遺伝子検査なんかで分かるようになってくれれば、いいのになー…。。。
by tappy_1 | 2013-03-30 14:15 | 鬱々日記

自殺対策強化月間

b0000555_132856.jpg

電車の中吊り広告で目にした。
3月は、「自殺対策強化月間」だそうだ。

昨年は、年間自殺者が、久しぶりに、3万人を切ったそうだ。
自殺者15年ぶりに3万人を下回るも、増え続ける若者の自殺(財経新聞)

「自殺対策」って、どうすれば、功を奏するんだろうな-?
「相談所を増設する」とかいう対策方法とか?
追い詰められた人の目に、そういう機関の存在が、届くだろうか…?
疑問に思えてしまう。
「いのちの電話」だって、繋がらないことが多かった。
今は、少しは繋がりやすくなったのだろうか…?

僕は、頻繁に、頭の中が「希死念慮」で支配されることがある。
でも、いつも書いているように、実際に自殺したいわけではない。
その葛藤が、苦しいわけだ。
胸の中がザワザワするし、
他のことが、何も手に付かなくなって、無気力状態に陥ってしまう。

思えば…小学5年生のある日のこと。
学校の、先生が不在の「朝学習」の時間に、いじめに遭い、
教室を飛び出して、窓から飛び降りようとした。
同級生が、服をつかんで、未遂に終わった。
あの時…本当に飛び降りていたら…どうなっていただろうなー…(T_T)

でも。
知り合いが、死んでしまうのは、本当に悲しい。
「自殺」なのか、うつのため、ついつい"over dose"(過量服用)してしまって、
「間違って」死んでしまったのか分からない友達が、
僕にも何人かいる。
とにかく、悲しい。

そういう、「自殺したら、誰かが悲しむ」という気持ちが、
自殺への抑止力になっているのかなー?
by tappy_1 | 2013-03-19 18:15 | 鬱々日記
b0000555_16212052.jpg

僕は、auユーザー。
古くからのユーザーで、メアドも最初の頃から変更していないので、
結構迷惑メールが来ていた。
だけど。
auには、キャリア側で、迷惑メールかどうかをフィルタリングしてくれるという、
ありがた~い機能が備わっている。
それが導入されてからは、
迷惑メールには、あまり悩まされなくなった。
毎朝、だいたい5~7通くらいを遮断したという報告メールが届く。

しかし…。

この前、ケータイでのネット通販で、お買い物をした。
数日後。
迷惑メールの報告メールの中にあったのが、この写真。
「商品出荷のご連絡」………。。。(-"-#

おいっ!こらっ!
これって、どう考えても、迷惑メールじゃないじゃんっ!!!
それとも、本文中に、
迷惑メールに特徴的な表現が含まれていたというわけ?(?_?)

一旦、迷惑メールとして処理されてしまうと、完全に削除されてしまうので、
中身を確認したくても、確認できない。
この仕様、なんとかしてもらえないかなー?(-"-)
by tappy_1 | 2013-03-17 14:20 | コンピュータ

町内じゃんっ!

僕の出身県は、特産物の一つに、「薬」がある…という県。
ウチのクリニックに一番よく来るMRさん(製薬会社の営業さんみたいなもの)も、その県の会社だったりする(^^;

で。
一昨日、マツキヨで、湿疹の薬を買った。
帰宅してから、「どこの会社のだろう~?」と、パッケージを見てみた。

………。。。

住所が、
僕の実家と、数字以外は同じ!!!
思いっきり、「町内」じゃんっ!!!

なんだかなー…。
by tappy_1 | 2013-03-05 14:41 | 日常

牛肉が安くなった(^^)

先日、近所の、深夜まで開いているスーパーに、夜、[同居人]と一緒に行った。
「夕食は、お肉にしよう!」
…と、お肉売り場に行ったら………、
平置き冷蔵庫に、豚肉が、山積みになって、売れ残っていた。
特価品のシールが貼られているというのに(@_@)

辺りを見回してみたら…牛肉が、売り切れに近くまで、売れていた。

そう言えば………。
その日のちょっと前に、BSE(牛海綿状脳症)に関する、
アメリカ産牛肉の規制が緩和されて、
さっそく、スーパーが、牛肉の安売りを開始しだしたと報道していたな~。
(↓ちょっと違うけど、こんなの。)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00240675.html

ということで、残っていた牛肉を見てみたら、、、
切り落とし肉とは言え、100グラム単価が、98円だったりした!

そ…そこまで値下げされていちゃ~、
豚肉よりも、「安い牛肉」を選んでしまうよなー、きっと。。。

今、少し円安になってきてしまっているけど、
豚肉は、どうなちゃうんだろう…?
もちろん、豚肉は豚肉で、美味しいけどね。
どうやら、関東の人は、カレーに豚肉を使うのが一般的だそうだし(^^;;
(僕の実家は、牛肉のエリア)
by tappy_1 | 2013-03-05 14:15 | 日常