うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

視力表

[同居人]の検査のため、病院へ行った。
内科なのに、ポツンと、壁に視力表が貼ってあった。
一番右の欄が、すごく一般的な…、
「こしにとりてつくへりにしと」
…だった(^_^;)
by tappy_1 | 2013-11-29 18:25

希死念慮

あー、希死念慮。
実際に死ぬわけじゃないのに、
死にたい気持ちが、どんどん湧き上がってきて、苦しい(;_;)
by tappy_1 | 2013-11-23 00:16

ますのすし

たまには、軽い話題など。
「食欲の秋」にちなんで…。
b0000555_0515159.jpg


各コンビニで売られている「ますのすし」の類い。
「本場至上主義」というわけではないが、
僕は、NEWDAYS の物が、一番美味しいと思っている。
写真にあるように、ますのすしの本場・富山の会社の監修。
…というより…以前は、本当に、富山で作られた物を売っていたくらいだ。
それくらい、本場・富山にこだわっている(と思われる)。

他のコンビニチェーンも、当然、
各社ごとに、味を工夫していると思われるが、
やっぱり、「本場」で研ぎ澄まされた味とは、ちょっと違っている気がする。

もちろん、味の好みは、各人各様なんだけどね(^^;
by tappy_1 | 2013-11-21 01:01 | 日常

インフルエンザワクチン

都内の某企業で、インフルエンザの予防接種の仕事だった。
特に大きな判断力や技術が必要とはされない仕事。
(稀に、アナフィラキシーショックが起きるとは言われるが…)
医師2人で、約250人という数だけが、大変だった。

全員打ち終わってから…注射が1本だけ余った。
普通は、当然、破棄。もったいないけど。
ところが、スタッフに、
「先生、要ります?」
と、声をかけられた。

あ、ちょうど、近所のクリニックに、
打ちにいかなきゃと思っていながら、
なかなか時間が取れなくて、行けないでいたところ!

ということで。
さっそく、問診票を書いて、
お金を払って(もちろん、企業の補助のない、正規料金(^^;)、
もう一人の先生に、打ってもらった。

あ………思ったほど、痛くない………。
その先生のほうが、僕より、注射がうまかった???(^^;;;;
それとも、たまたま???

あ~、手間が省けて、ラッキーだったー。

で、ついでなので、
帰宅途中に、都内のメンタルクリニックも受診してきた。
なんだか、「ついで」続き。

インフルエンザ、怖いからなー…。
やっぱり、ワクチンで防御しておかないと。
喘息持ちだから、ハイリスクグループだし。

ただ…毎年、ワクチンを打っていても、一度は、
インフルエンザ様の高熱を出してしまう。
そして、迅速検査すると、陰性に出てしまう(>_<)
インフルエンザならインフルエンザで、
抗ウイルス薬で、早く治せるのに、
インフルエンザ以外のウイルス感染症ということになってしまうと、
ただ、経過観察して、つらかったら解熱薬を使うくらいしか
手がなくなってしまう(T_T)
いったい、なんなんだろな~???(?_?)
by tappy_1 | 2013-11-20 22:30 | 仕事

鬱々スパイラル

鬱の悪循環に陥ってしまっている(T_T)

一人で勝手に、過去のイヤな記憶を掘り返しては、
改めて、傷つき直している状態(T_T)
それで、鬱々になるから、余計にまた、鬱々な思考が湧いて出てくる。。。

とにかく、起きていて、意識があるだけで、苦痛(T_T)
意識があるだけで、上記のような、抑鬱思考に陥ってしまう。

結局…「寝逃げ」するしか、方法はないのかな…?
by tappy_1 | 2013-11-08 01:57 | 鬱々日記

太郎、みのバッシング

日常的に、テレビや、低俗な(あるいは「崇高なジャーナリズム」と「勘違い」している)週刊誌と強く接触していない生活をしていると、
この国のマスコミには、時々、大きな「違和感」を感じることがある。

まずは、先だっての、皇居での園遊会での、
山本太郎・参議院議員の、「手紙手渡し」問題だ。
マスコミは、みな、「鬼の首を取ったよう」に、太郎氏をバッシングしている。
だが…落ち着いて考えてみて…そんなに強くバッシングすべき問題か???
何か、的が外れているような気がして、しょうがない。
バッシングすること自体が「目的」になっているような気がしてしまう。
「とりあえず、バッシングしておけばいいや」
という、「前にならえ」的な姿勢が感じられる。
そのことが、世論を操作しているようにも、感じられる。

ところで。
こんなことを書いたが、僕は、太郎氏が議員をしていることには、
あまり賛同していない。
太郎氏が当選したとき、
「東京都民、何を考えてるの?」
と、激しく驚いたほどだ。
いわゆる「放射脳」の持ち主で、「風評被害」をまき散らしていることさえある人物だ。
あまり、議員に適しているとは思えない。

だけど。
今回のバッシングは、やりすぎだと思う。
YAHOO!のアンケートのコメント欄も、「誤字」が多すぎることからも、
みな、感情的になりすぎなのが、手に取るように分かる。

…と、こんなことを書くと、「非国民」と思われてしまうかもしれないが、
実際は、僕は、「皇室ご一家」や「皇室日記」をHDDレコーダーに録画してまでも、
毎週観ているほどの、皇室ファンだ。
太郎氏に対して「非国民」と言っている人たちは、
これらの番組を、ちゃんと観ているのだろうか…?

続いて、みのもんた氏。
彼も、極めて、不思議な扱いを受けている。
そもそも、罪を犯したのは、みの氏の息子。
それも、成人して、随分経つ息子だ。
確かに、息子が犯罪を犯してしまうと、
ジャーナリストとしては、「中立性」が保てなくなるので、
「朝ズバッ」のキャスターの立場は、難しくなるかもしれない。
それは、しょうがないこととして…、、、
その他、彼の持っている財産とかを公開したり、
私的生活をオープンにしたりして、どうするわけ???
それって、「坊主憎けりゃ袈裟までも」ってヤツの典型でしょ???
ようするに、「いいがかり」でしょ???
もう、叩くことが目的になってしまっていて、
本題が見えなくなっているほど、「暴走」しているように思える。

そのほかにも…、
つい最近出てきたトピックとしては、
レストランの、メニュー「誤表示」問題なんかも、「暴走」してるかなー。
「異なる表示をして、不当に利益を得ようとしていたものではない」
と、レストラン側は言っているのに、
どうしても、それを「偽装」と結論づけたがっている雰囲気。

そして。
恐ろしいのは………。
「暴走」しているマスコミに「扇動」されてしまう「市民」が多いこと。
いつも気をつけていなければいけないのは、
マスコミの報道は、決して、ロボットなんかが「自動で」作っているわけじゃなくて、
「記者」が、「主観」を持って作っている…ということ。
それを忘れてしまうと、
「考えることを忘れた頭」は、
マスコミが報道していることを、そのまま信じ込んでしまう。
by tappy_1 | 2013-11-03 02:24 | テレビ