うつ病持ちのゲイの眼科医の日常です。


by tappy_1

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「花嫁のれん」最終回。

東海テレビ(フジテレビ系)の昼ドラ・「花嫁のれん」が、
最終回を迎えた。
今回のは、「第3部」で、新春からの放送だった。
僕は、[同居人]が、たまたま見始めてハマりだして、
HDDレコーダーで録画して見ていたのを、横で見ていて、
一緒にハマってしまったというわけ(^^;

石川県金沢市の、老舗旅館を舞台とした、嫁姑問題の、ドタバタコメディー。
3日ごとくらいに、小エピソードが、ゲスト俳優さんと共にやってきて、
バタバタとトラブルが発生するというのが、基本路線だった。

そして、根底に流れるのが、
主役の、嫁・奈緒子(羽田美智子)と、姑・志乃(野際陽子)の意地の張り合い(?)。
第3部に限って言えば、志乃の孫で、東京に嫁に行った瑠璃子が、
姑に、家政婦のような扱いを受けていることに耐えきれなくなって、
実家に逃げ帰ってきたという、もうひとつの嫁姑問題もあった。

しかし。
嫁姑問題とは言っても、この奈緒子と志乃の場合は、
内心では、信頼し合っている関係。
バトルはしょっちゅう起きているが、それは、分かり合うための課程のような物。
見ていても、ハラハラはするが、どこかで安心できる。
こんな嫁姑関係、いいもんだなー…と思える。

とにかく、見ていて、楽しいドラマ。
羽田美智子と野際陽子の演技が、長台詞なのに、至って自然。
どこまでが演技か分からないような、出演者たちの日常の風景。
ホームドラマらしく、しょっちゅう、食事シーンもあり(^^;;
それがまた、自然な日常生活を醸し出していた。
(よーく考えてみたら、不自然なんだけど、
ドラマの世界に引き込まれてしまっているので、自然に感じる)

あー、終わってしまって、寂しいなー。
「花嫁のれんロス症候群」になっちゃいそうだなー…(T_T)
昼ドラに、こんなにハマったのは、
TBSの「天までとどけ」以来じゃないかなー?

そうそう、せっかくの最終回なのに、ムカッときたことがあった。
それは、奈緒子の、「女将襲名披露の踊り」の場面。
せっかくの美しいシーンだったのに…、
猪瀬元東京都知事の、徳州会問題で、
東京地検特捜部が動いたという、ニュース速報のテロップが、
けたたましい音とともに、挿入された(-"-#
なんという、配慮のなさ!
「保存版」として、録画していた人も、多かっただろうに!(-"-#
台無しだ!!!
フジテレビの、バカ!!!

それはともかくとして…。
このドラマを見て、「金沢に行ってみたい」と思った人も、
多いと思う。
平成14年度末には、北陸新幹線も、金沢まで開通する。
東京-富山・石川間が、今までより、ぐーーーんと便利になる。
具体的には、東京-金沢間が、
3時間50分から、2時間30分へと、1時間20分も短縮される。
(ドラマ中でも、新幹線が開業するから、金沢を代表する
お弁当を作る…というコンテストをやっていたくらい)
このドラマのおかげで、金沢のイメージが、格段に良くなったんじゃないかな~?
もちろん、
「えんじょもんの嫁」をいびる…という点だけは、
イメージダウンになっていると思うけど(^^;;;
by tappy_1 | 2014-03-28 23:15 | テレビ

希死念慮(T_T)

希死念慮がひどい(T_T)

先日の日記に、自殺のことを書いたばかりだが、
自分自身の希死念慮が、ひどい…。

ただ、実際に死ぬ予定は、ない。
だけど、、、希死念慮が、苦しい。。。
胸の中が、ザワザワする。胸が締め付けられる。
苦しい。息ができない。。。

死ぬ予定はないのに、死にたい気分でいっぱい。
その矛盾が、いっそう苦しい…。

ラクになりたい。
こんなトシまで生きているつもりなんて、なかった(T_T)
想定外だった(T_T)

とにかく、何もかもが、苦しい。。。
神様…お助けください…。
by tappy_1 | 2014-03-26 22:20 | 鬱々日記

自殺対策強化月間

今さらだが、3月は、内閣府が決めた、
「自殺対策強化月間」だとのこと。

うーん…。
昔よりは、相当良くなったとは思うけど、
今でも日常的に、「希死念慮」が湧き上がってくる自分としては、
こういうキャンペーンが実施されていると、
かえって、つらく感じたりも、しないでもない………。。。

ホント、死にたい気分って、生きる上で、無駄この上ないのに、
「死にたい…死にたい…」
という思考が、頭の中を、ぐるぐる回り続けてしまうことが、
しょっちゅう起きる。
実際に自殺することは、まずないのだけど…。

でも、何度か書いたことがあるが、
昔は、ちょっと危なかったことがあった。

勤務時間中、控え室で待機していて、窓が開いていた。
ソファに倒れ込みながら、開いている窓を見ていて…、
「危ない。。。
 窓を閉めて、鍵をかけておかないと、
 希死念慮に、完全に支配されてしまって、
 『間違って』飛び降りてしまうかもしれない…。」
と感じて、重い体を起こして、窓を閉めたことがある。。。

そう。
自殺した人たちの全てが、本当に「じっくり思い悩んで」ではないと思う。
そこそこ多くの割合で、「間違って」亡くなってしまった方が
含まれていると思う。
「自殺対策」では、そういった不幸を、いかに減らすかも考えていかなければいけないんじゃないかなー…。

話はちょっと変わって、こちらのページ
先進7カ国の中で、15~34歳の若者の死因のトップが「自殺」だというのは、日本だけだという「異常さ」を訴えている。
それはそれで、確かに分かる。
悲しい国だと思う。
と、ここで、他の国はどうかなー…?と、ふと、アメリカに目をやると、
あまりに異様だということに気づく。
「事故」で死にすぎ!
そして…なんで、2位が「殺人」なわけ??!!
アメリカこそ、「病んでいる社会」だと思うな…(>_<)

おまけ。
台湾の果物屋さん
by tappy_1 | 2014-03-16 14:30 | 鬱々日記

不味すぎだ~(>_<)

b0000555_1543914.jpg

夕食に、某レシピサイトに掲載されていたグラタンを作ってみた。
作り方を、かいつまんで書くと…、

(1)豆腐を四角く切って、バターを塗った器に入れ、塩を振る。
(2)ツナ・アンチョビ・マヨネーズ・塩・こしょうをフードプロセッサーにかける。
(3)(2)に、粉チーズ・オリーブオイルを混ぜ合わせる。
(4)(3)を(1)に乗せて、さらに粉チーズをふりかける。
  電子レンジで1分加熱してから、オーブンで焼いて、できあがり。

…と、そんなに難しくは、ない。

そして、できあがった物を、一口、口に入れた瞬間……、
「うぐっ…ぐふっ…ぐえっ…うわー(>_<)、何、これ?(T_T)」
味が、濃すぎる。舌に痛い。。。飲み込めない(´Д`)

そう。
完全に、失敗作だった………(T_T)

失敗の原因を考えてみた。

・ツナの油切りが不十分だった。
・とにかく、アンチョビを入れすぎた。
・マヨネーズも、目分量に頼ったため、多分、ちょっと多かった。
・各素材の、油分・塩気が十分強いのに、塩・こしょうを入れすぎた。
・そもそも、掲載されているレシピからして、間違っている。
 (おかしい…「プロ」の料理のはずなのに…)

あぁ…まずい…まずい………(T_T)
ノドを通らない………(T_T)。気持ち悪い………(T_T)。
吐き気がする………(T_T)

ようやく、烏龍茶で、お腹に流し込んだ。
つらかった~~~~~~(>_<。)

世の中には、ろくに食事もとれない人が、たくさんいるということは分かっている。
でも、やっぱり…、、、
こんなに不味い物は、
久しぶりに食べた(T_T)

by tappy_1 | 2014-03-10 23:45 | 日常
b0000555_16563188.png

先日、三菱東京UFJ銀行を騙る、フィッシング詐欺メールを受け取った。
多分、偽サイトに誘導して、暗証番号を搾取しようと試みていたのだろう。

だが…「こんなメールに、誰がひっかかるか~!(-"-#」
…という内容だった。

まず…
(1)日本語が、ヘン

本文。
2014年「三菱東京UFJ銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。

以下のページより登録を続けてください。

よりによって、「貴様」だって、「貴様」~~~~(>_<)
そして、ものすごく不自然な日本語。
これを読むだけで、銀行からのまともなメールではないことが分かる。

(2)送信アドレスが、ヘン
三菱東京UFJ銀行からだというのに、送信アドレスが、"fate2103@yahoo.com.tw"。
なんで、YAhoo!メールなわけ~?
しかも、台湾ドメイン???

(3)URL表示が、異なる
これは、ちょっと分かりにくい。
本文中のリンク先に、マウスポインタを乗せて、下に表示されるURLが、
本文に記載されているURLとは、全く異なる。
HTMLメールだから、なせる技。
一応、これだけは、まともな詐欺テクかな?(-_-;;

ということで、こんなに怪しすぎるメール、
いったい、誰が引っかかるというのだろう?
そもそも、僕は、三菱東京UFJ銀行とは、取引がないし~~~。
その時点で、「怪しい」を超越してしまっている。

でも。
犯人側としては…0.1%でもいいから、引っかかってくれたら、
採算が合うのかもしれないなー。。。
恐ろしいことだ。

インターネットの黎明期、
メールアドレスを持っていただけで珍しがられたあの頃が、
懐かしく思い出される…。
by tappy_1 | 2014-03-03 14:55 | コンピュータ